R A N
J I
輸出茶のラベル・日本近代のグラフィックスデザインのはじまり
 



蘭字とは「西洋の文字」の意味だが輸出用の日本茶のラベルをかつてこう呼びました。
幕末から大正にかけて、横浜や神戸から積み出された緑茶梱包には
アルファベット文字入りの華やかな木版多色刷りラベルが貼られていたました。

商標や等級を示す欧文ロゴは当時最新の書体が使われた例もあり、
外国のデザインをそのまま移入したものらしい。
しかしこれに花鳥や美人風俗などの絵柄をあしらい、
極薄の木版画に刷り上げたのは浮世絵の職人達です。

和洋が合体した、日本のグラフィック・デザインの先駆けと言うべきものです
ここでは見る機会が少ないこのラベルをご紹介いたします。



SIOUX Chop

朝日

日の丸

インデアン

ピューリタン

王冠


順次公開予定。



会社案内】【商品案内 壱】【商品案内 弐】【商品案内 参】【商品 しいたけ

西野メッセージ

リテールサポート】【お茶やができる町づくり】【グループホーム】【地域通貨


ご注文、ご意見はこちらMail:
nishino@thn.ne.jp FAXはこちら054-641-66441